HOME>レポート>医学部予備校で医学の入り口に立つ【医師の卵の卵が通う場所】

医学部予備校で医学の入り口に立つ【医師の卵の卵が通う場所】

男性

医学部に進みたいという人には特別な知識や意識が必要です。医学界に必要な人物になるための準備は、大学だけでなく医学部予備校でもできます。良い予備校を選んで、大学までの準備をしましょう。

Review List

とにかく勉強することが大事!

自分の通っていた東京にある医学部予備校は医学部受験に向けた主要科目の講座だけでなく、医学部の入試に精通した講師の方による医学部入試における小論文や面接の対策など幅広い対策を施してくれました。またエアコンの効いた快適な自習室では周りにも医学部受験性がいる環境であったために無言の刺激を受けながら切磋琢磨することができ、またすぐに分からないところを質問することもできたので勉強がはかどりました。受験の成功の秘訣はいろいろあるでしょうが、自分にとって一番大きかったのは時間を忘れて勉強ができる環境があったことです。受験に向けてどうもやる気が起こらないという方は、予備校に入ってしまうことで自分を勉強の方向に向けることをおすすめします。
【20代/男性】

予備校なら理解できるまで勉強できる

自分は高1までは普通の学習塾に通っていたのですが、高2からは医学部受験を決意したこともあって東京にある医学部予備校に通っていました。医学部受験においては主要科目のだけでなく面接や小論文など幅広い対策が必要になってくるのですが、自分は独学でやっていたためにイマイチ理解が深められていませんでした。医学部予備校では現役の医学部生の方がチューターとしてアドバイスをくれたり、小手先のテクニックではない医療問題の本質的な部分についての説明をしてくれたりするので、自分が苦手としていた分野についても深い理解をすることで、苦手を克服することができました。おかげで憧れだった医学部に合格することができたので通っていた医学部予備校には感謝しています。
【20代/女性】